*

マイラーにおすすめのアメックスカードは一体どのカード?本家アメックスカードを徹底比較!

公開日: : アメックスカード

マイルがたまりやすく、ステータスもあり、旅を快適にしてくれるアメックスのクレジットカードですが、アメックスカードにも色々な種類があり、どのカードを選んだらいいか悩んでいませんか?

そこでアメックスカードの概要をこの記事で説明します。

この記事を読んで、あなたにピッタリのアメックスカードを見つけてください。

 

アメックスカードの5分類

アメックスのカードのその系統から大きく5つに分類されます。アメックス自社のプロパーカード、航空会社と提携したカード、ホテル会社と提携したカード、百貨店と提携したカード、そして法人会社用カードです。それぞれの代表的なカードを紹介していきます。

 

アメックスのプロパーカード

アメックス自社のカードです。カードの種類は3種類、アメリカン・エキスプレスカード、アメリカン・エキスプレスゴールドカード、アメリカン・エキスプレスプラチナカードです。

 

①アメリカン・エキスプレスカード

最初に手にするアメックスカードとして有名

無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポート

入会後3ヶ月以内に50万円の利用で17,500ポイント(マイル)獲得可能

 

年会費12,000円+消費税
家族カード6,000円+消費税

ポイントをマイルに移行するには、年に5,000円+消費税が必要です

 

②アメリカン・エキスプレス ゴールドカード

できれば手に入れたいステータスのあるゴールドカード

無料で使える空港ラウンジや、海外旅行先での24時間日本語サポートはもちろん、

初年度の家族カード年会費が無料

入会後3ヶ月以内に50万円の利用で30,000ポイント(マイル)獲得可能

 

年会費29,000円+消費税
家族カード1枚目無料、
2枚目以降12,000円+消費税

ポイントをマイルに移行するには、年に5,000円+消費税が必要です

 

③アメリカン・エキスプレス プラチナカード

メタル製の格好いいプラチナカード

年に1度無料宿泊券のプレゼントあり

入会後3ヶ月以内に50万円のカード利用で30,000ポイント(マイル)獲得可能

 

年会費130,000円+消費税
家族カード4枚まで無料

ポイントをマイルに移行するには、年に5,000円+消費税が必要です

 

アメックスの航空会社と提携したカード

アメックスが航空会社と提携したカードはANA、デルタ航空とありますが、ここではANAのカードを紹介します。カードの種類は3種類、ANAアメックス、ANAアメックスゴールドカード、ANAアメックスプラチナムカードです。

 

④ANAアメリカン・エキスプレスカード

アメックスカードの中で年間費が最安値のカード

ANAの一般カードになるのでマイ友プログラムでもらえるマイルは500マイル

入会後3ヶ月で60万円のカード利用で40,000マイル獲得可能

ポイント移行時に6,000円+消費税

 

年会費7,000円+消費税
家族カード2,500円+消費税

 

 

⑤ANAアメリカン・エキスプレス ゴールドカード

マイルが早くたまるカード、ポイントの有効期限は無期限

マイルへの移行は無料で無制限

ANAのゴールドカードになるのでマイ友プログラムでもらえるマイルは2,000マイル

入会後3ヶ月以内に90万円のカード利用で60,000マイル獲得可能

 

年会費31,000円+消費税
家族カード15,500円+消費税

 

⑥ANAアメリカン・エキスプレス プレミアムカード

24時間対応のプレミアムデスクあり

ANAのプレムアムカードになるのでマイ友プログラムでもらえるマイルは最高の5,500マイル

入会後3ヶ月以内に150万円のカード利用で80,000マイル獲得可能

 

年会費150,000円+消費税
家族カード4枚まで無料

 

 

 

アメックスのホテルと提携したカード

アメックスがホテルと提携したカードは2種類、スターウッド・プリファード・ゲスト・アメックスカード、そしてペニンシュラと提携したカードです。

 

⑦スターウッド・プリファード・ゲスト・アメックスカード

通称SPGアメックス、世界第1位のマリオットホテルチェーンとの提携カード

カードを持つだけでマリオットの上級会員「ゴールドエリート」になれる

SPG参加ホテルでの飲食が15%OFF、カード継続時に無料宿泊券プレゼント

入会後3ヶ月以内に10万円のカード利用で30,000ポイント(10,000マイル)獲得可能

獲得したポイントはマリオット系列ホテルで利用できるほか、ANAやJALのマイルに交換可能

 

年会費31,000円+消費税
家族カード15,500円+消費税

 

⑧ペニンシュラ東京と提携したカード

アメックスゴールドカード+ペニンシュラの特典がつくカード

ペニンシュラ系列のホテルの部屋のアップグレード、レストランやスパの優待

ペニンシュラ東京でのアーリーチェックイン、朝食サービスあり

 

年会費29,000円+消費税
家族カード1枚目無料、2枚目以降12,000円+消費税

 

アメックスの百貨店と提携したカード

アメックスが百貨店と提携したカードは1種類のみです。ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレスカードです。

 

⑨ペルソナSTACIAアメリカン・エキスプレスカード

阪急百貨店、阪神百貨店と提携したカード

いつでもお買い物でSポイントが10%たまる

 

年会費14,000円+消費税
家族カード7,000円+消費税

 

アメックスの法人カード

アメックスの法人カードは2種類あります。アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードとアメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカードです。ここでは後者を紹介します。

 

⑩アメリカン・エキスプレス ビジネスゴールドカード

帝国ホテルで会員限定のビジネスラウンジが使える

JALの国内線航空券が365日24時間、オンラインで予約可能

 

年会費31,000円+消費税
追加カード12,000円+消費税

年会費は会計上、経費として計上可能
*経費処理については、税理士等に要確認

 

マイルをためるなら、ANAアメックスゴールドカードがオススメ!

 

アメックスのカードを5分類に分け、代表的なカードを10枚紹介しました。

マイルをためる観点から言うと百貨店と提携したカードは、ひとまず除外となります。

マイルをためるなら、オススメはやはり航空会社と提携したカードです!

 

ということで、④ANAアメックスカードか⑤ANAアメックスゴールドカード、そして⑥ANAアメックスプレミアムカードが候補にあがってきます。

 

3つの内どのカードがいいかというと、年会費が31,000円+消費税の⑤ANAアメックスゴールドカードが一番オススメです。

 

ポイントの有効期限が無期限なので、期限を気にすることなくためることができますし、またマイルへの移行も無料で無制限にためることができることが最大の理由です。

またサービス面についても、上位版のプラチナカード(年会費15万円)ほどではないですが、同伴者1名まで空港ラウンジの使用もでき、年会費に対して得られるメリットが大きく、非常に優れたカードです。

 

年間40,000マイルまでなら、アメックスゴールドカードもためやすい!

年会費はどうしても多く払いたくないという人は④ANAアメックスカードを選択もありですが、マイルに移行の際に6,000円+消費税がかかりますので、少々モッタイナイです。

 

それならば、②のアメックスゴールドが初年度年会費無料キャンペーンをやっているので、アメックスゴールドも考えてみましょう。(既にアメックスのグリーンカードを持っている人はキャンペーン除外となります。)

年会費無料で入会の際は、キャンペーンでもらえるマイルは少なくなり、入会後3ヶ月以内に30万円の利用でもらえるマイルは7,000ポイント(マイル)です。

 

アメックスゴールドのカードに入会した場合、「メンバーシップリワードプラス」に年間3,000円+消費税で参加し、「ボーナスポイントプログラム(参加費無料)」に登録すると、Yahoo!JAPAN、iTunes Store /Apple store、JALの公式ウェブサイト、HISの公式WEBサイト、そしてAmazonでのお買い物で通常1%のポイント+2%のボーナスポイント、合計3%のポイントがたまります。

最後のAmazonの3%はかなりお得です。

なぜなら、現在ポイントサイトでAmazonのお買い物でポイントがつくサイトはほとんどないからです。それを考えると3%のポイント還元はかなり価値があります。年間でもらえるボーナスポイントの上限は100,000ポイント(500万円分)までです。

Amazonでよくお買い物をする人は、自社カードであるアメックスゴールドカードはオススメです。

 

またポイントをマイルに移行するには、アメックスの「メンバーシップリワードANAコース」に参加が必要で年に5,000円+消費税がかかります。(アメックスポイントからANAマイルに移行するには上限があり、2019年1月1日以降ポイント付与分から年に40,000ポイントまでとなっています。)

 

アメックスゴールドカードを継続するか否かは、1年経つ間、概ね10ヶ月ぐらいに決めればいいと思います。それまでに40,000ポイント分のカード利用をして、ANAのマイルに交換すればカードの年会費は無料ですみます。ただし「メンバーシップリワードプラス」と「メンバーシップリワードANAコース」の合計8,000円+消費税は必要となります。

 

試しに、②アメックスゴールドカードと④ANAアメックスカードを同条件で比較してみましょう!

 

②アメックスゴールド(初年度年会費無料)入会後3ヶ月で30万円のカード利用で10,000ポイント(マイル)

④ANAアメックス(年会費7,000円+消費税)入会後3ヶ月で60万円のカード利用で40,000マイル

となっています。入会後3ヶ月で30万円のカード利用をした場合、どちらが得か考えてみます。

 

④ANAアメックスの入会キャンペーンは下記の通りです。

④ANAアメックスの場合、まず入会で1,000マイル、1ヶ月以内で3回の利用で1,000ポイント、3ヶ月以内に15万円の利用で3,000ポイントです。3ヶ月以内に30万円使っていれば、通常ポイントが1%の3,000ポイントつきますので、合計は8,000ポイント(マイル)

あとは、ANAのマイ友プログラムが使えれば500マイル加算されますので、最大8,500マイルとなります。

 

②のアメックスゴールドの方がマイルがためやすいことが分かります。繰り返しになりますが、アメックスゴールドカードは年会費初年度無料のキャンペーンを利用できますので、オススメです。

 

*2019年5月以降、年会費初年度無料アメックスゴールドでもらえる最大マイルは7,000マイルになりました。現在は、ANAアメックスの方が貯めやすくなってます。

 

 

SPGアメックスで10,000マイルを簡単に獲得する!

上記のANAアメックスゴールド、アメックスゴールドの他、オススメなカードがSPGアメックスです。

年会費は31,000円+消費税とかかりますが、キャンペーンのマイル獲得条件が低いのでマイルがためやすいです。

 

マイル獲得条件は、3ヶ月以内に10万円のカード利用で30,000ポイント(10,000マイル)です。

3ヶ月以内に10万円なら、普段あまりクレジットカードを使わない人も頑張ればクリアできると思います。SPGアメックスはたまったポイントをホテルでも使えるし、マイルでも使える、とても便利なカードです。

初年度は3ヶ月以内に10万円達成した後、ゆっくりマイペースでポイントをためてタイミングをみてマイルに交換するといいでしょう。2年目継続時に1泊50,000ポイント相当の宿泊券がもらえるというのもうれしいカードです。

 

 

まとめ

マイルのたまりやすいカードでオススメのカードは3枚です。

⑤ANAアメックスゴールド、②アメリカン・エキスプレスゴールドカード、⑦スター・プリファード・ゲスト・アメックスカードの3枚です。

この中から1枚を選んで、マイルをためていくといいでしょう!

 

⑤ANAアメックスゴールドを作る際は、ANAのマイ友プログラムを使うと2,000マイル多くたまります。カード作成前にマイ友プログラムに登録しましょう。

マイ友プログラムの参加は簡単で、紹介者の情報を入れて会員登録するだけです。

紹介者情報を入力する画面で次の情報を入力してください。

①紹介者名:ナガシマ シゲユキ

②紹介者番号:00058251

 

①に紹介者名を入れて、②に紹介番号をいれるだけです。

 

 

(Visited 57 times, 1 visits today)

関連記事

アメックスゴールドカードの初年度年会費を無料にする方法はコレ!

  ANAマイルをためるカードとして、人気のアメリカン・エキスプレスのゴール

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

宇都宮で餃子三昧!半日で回るオススメのお店3選!

安くて美味しいと評判の餃子店がひしめく街、栃木県宇都宮市。そんな宇都宮

マイルを貯めやすいネット通販は一体どこ?Amazon、楽天、ヤフー、3大モール徹底比較!

マイルを貯める方法で一番手っ取り早いのは、ポイントサイトでクレジットカ

マイラーにおすすめのアメックスカードは一体どのカード?本家アメックスカードを徹底比較!

マイルがたまりやすく、ステータスもあり、旅を快適にしてくれるア

アマゾンでのお買い物でポイントが貯まるクレジットカード!

アマゾンといえば、本から始まって、ホーム&キッチン、おもちゃ、そして日

メルカリで一番還元率が高いポイントサイトはどこ?メルカリ攻略法はコレだっ!

メルカリと言えば、今もっとも人気があるフリーマーケットのサイトです。

→もっと見る

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑