*

1マイルの価値はいくら?知らないと年間100万円以上損?衝撃的な事実が発覚!

公開日: : 最終更新日:2023/01/03 ANAマイル

マイル、マイルと言うけれど、マイルってどのくらいの価値があるの?

いまひとつ分からない人のために、今回はマイルの価値を説明します。

1マイルの価値が分かると、マイルを実際に使う時に、上手にマイルを使うことができるようになります。

せっかく貯めたマイルですので、損をしないようしっかり理解しておきましょう。

 

1マイル=2円ではない、マイルの価値は変動する!

マイルの話をする前にまずはポイントの話をさせていただきます。

ポイントと言えば、有名なのは楽天市場で貯まる楽天スーパーポイント、ヤフーショッピングで貯まるTポイント、そしてDoCoMoの利用で貯まるDポイントなどがあげられます。

 

いずれも1ポイント=1円と分かりやすく、とても便利に使えます。

 

では、マイルはどうでしょうか? 1マイル=1円?それとも2円?

楽天ポイントをマイルに交換すると、1,000円の価値があった楽天の1,000ポイントが半減して、500ANAマイルになります。

このことから一般的には、1マイル=2円と考えていいでしょう。

 

しかし、マイルの価値は一定ではありません

使い方によって価値が変動し、時には何倍にも価値が上がります。

 

「1マイルは2円に相当するが、マイルの価値は一定ではない」まずは、このことを覚えておきましょう。

 

マイルの還元率は1%?買い物をしなくてもマイルは貯まる!

では、マイルを貯める時はどうでしょうか?

 

日常生活でも現金を使わず、1%貯まるクレジットカードを使えば、たとえ100円の商品を買ったとしても、1マイル貯まります。

 

またポイントサイトを使って、買い物をすれば、クレジットカードで1%、買い物先で1%、ポイントサイトで1%と3重に貯めることができます。

マイルに交換する際に還元率が下がりますが、1%以上は確実に貯まります。

 

そしてなんと!ポイントサイトにあるクレジットカード案件に申し込みをすれば、買い物をしなくても何千マイルも貯めることができます。

例えば、年会費無料のクレジットカードを作成して4,000円分のポイントがもらえるとします。

みずほルートという方法で70%でANAマイルに交換することができますので、この場合タダで4,000P×0.7=2800ANAマイル貯めることができます。

「マイルの貯め方すらも一定ではない」ということです。

 

マイルを貯めることに集中すれば、年間6~10万マイル貯まる!

日々の買い物をクレジットカードで支払ったり、ネットショッピングをポイントサイトを経由して買ったり、クレジット会社のマイルが貯まるキャンペーンを利用したりすれば、年間6~10万マイル貯めることは不可能ではありません。

6万マイルもあれば、家族4人で韓国旅行に行けます。

7万マイルもあれば、一人でタイ旅行に2度も行けます。

そして、8万マイルもあれば、夫婦2人でハワイ旅行に行くこともできます。

 

マイルを貯めようとしたか、しないかで、たった1年でも大きく差が出てきます。

最近はポイ活という、ポイントを貯める活動も一般的になってきました。

レジで会計する時にポイントカードを出したり、少額なのにクレジットカードで払ったりする人は多いです。

「たかが100円の商品を買うのに、クレジットカードで払うのは恥ずかしい」などという遠慮は不要です。

マイルを貯めることに全力を注いでみましょう。

 

1マイルの価値を知ったら、もうマイラーになるしかない!

マイルの価値を例をあげて説明していきます。

特典航空券を発券する時に、まずは出発地から到着地まで何マイル必要かを確認してみましょう。

 

ANAの特典旅行券のサイトに行くと自国をZONE1として、近い国からZONE2、ZONE3、ZONE4、、、、と

国によって区分されています。(自国から遠い国ほどZONEの数字は大きくなります。)

図が見えにくいと思いますので、文章で書きますと、

ZONE2 ソウル

ZONE3 北京、 大連、 瀋陽、 青島、 上海、 杭州、 広州、 厦門、 成都、 武漢、 香港、 台北、 マニラ

ZONE4 シンガポール、 バンコク、 ホーチミン、 ヤンゴン、 ジャカルタ、 ムンバイ、 デリー、 ハノイ、クアラルンプール、 プノンペン

ZONE5  ホノルル

ZONE6  ロサンゼルス、 サンフランシスコ、 シアトル、 サンノゼ、 ワシントン、 ニューヨーク、 シカゴ、ヒューストン、 バンクーバー、 メキシコシティ

ZONE7 ロンドン、 パリ、 フランクフルト、 ミュンヘン、 デュッセルドルフ、 ブリュッセル、 ウィーン

ZONE8 シドニー、パース

といった感じです。

それぞれのZONEに対して、シーズンによって必要マイル数は変わってきます。

L(ローシーズン)、R(レギュラーシーズン)、H(ハイシーズン)の意味です。

 

また、それぞれのZONEに対して、当然のことながら利用クラスによっても必要マイル数が変わってきます。

Y(エコノミークラス)、PY(プレミアムエコノミークラス)、C(ビジネスクラス)、F(ファーストクラス)

 

赤枠で囲ったのは、韓国で、レギュラーシーズン、エコノミークラスの場合・・・・、15,000マイル必要となります。

またバンコクで、レギュラーシーズン、エコノミークラスの場合・・・・、35,000マイル必要となります。

 

例えば、韓国旅行に2019年7月27日(土)羽田出発、7月30日(火)羽田到着の便を探してみると

往路で20,010円、復路で19,140円、往復で39,150円かかることが分かりました。

この場合、15,000マイルを使ってますので、39,150円÷15,000=2.61

1マイル=2.61円となります。

 

同様に、タイ旅行に2019年7月27日(土)羽田出発、7月30日(火)羽田到着の便を探してみると

往路で38,360円、復路で30,750円、往復で69,110円かかることが分かりました。(復路は成田着になってますが、羽田も同料金でした。)

この場合、35,000マイル使ってますので、69,110÷35,000=1.97

1マイル=1.97円となります。

 

同じ予定でロンドンにファーストクラスで旅行する場合はどうでしょうか?

 

往路で1,399,670円、復路で1,427,880円、往復で2,827, 550円かかることが分かりました。

「行きも帰りも100万円超え!こんな飛行機に乗る人がいるのかー!」って感じですが、

この場合、165,000マイル使ってますので、2,827,550÷165,000=17.13円

1マイル=17.13円となります。

 

マイルは、その使い方によってその価値が1マイル=1.97~17.13円になることが分かったと思います。

便宜上、1マイル=2円と覚えておき、1マイルを2円以上で使えばお得であることも覚えておきましょう。

 

マイルの価値を知らない人は、年間100万円以上損をしている!

先ほど、ロンドンへファーストクラスに乗って旅行した場合、1マイル=17.13円であることを説明しました。

 

もしもこのような条件下でマイルを使うと想定すれば、すごい事実が判明します。

 

1年で6万マイル貯めた人は、60,000×17.13=1,027,800円

1年で10万マイル貯めた人は、100,000×17.13=1,713,000円を手にしていることとなります。

 

マイルの価値を知って、マイルを貯めている人は年間で100万円以上得をしていて、

マイルの価値を知らないで、マイルを貯めていない人は年間で100万円以上損をしている。

 

極端な言い方ですが、けっこう衝撃的な事実です。

 

 

目の前に100万円があることに、気が付く人

目の前に100万円があることに、気が付かない人

 

あなたは、どちらの人になりたいですか?

 

あなたは、マイルに100万円以上の価値があることを知ってしまいました。もう、今日からマイルを貯めるしかないですね。

半年後、1年後の連休に、マイルを使って思う存分、旅行をしましょう。あなたには、明るく楽しい未来が待ってます。

 

(Visited 117 times, 1 visits today)

関連記事

マイルがたまらない理由とは? マイルをためる5つの方法はコレ!

  「マイルをためようとしたけど、なかなかたまりません!」 「一時期マ

記事を読む

JQみずほルートのやり方!Tポイント、永久不滅ポイントを交換率70%でANAマイルにする方法!

JQみずほルートとは、ポイ活等で貯まったポイントを交換率70%でANAマイルに交換できるルー

記事を読む

ANAトラベラーズのお得なポイントサイト比較【2023年1月最新】損をしない予約方法!

    ANAの国内外のツアーを扱うANAトラベラーズ。航空

記事を読む

マイルが貯まるポイントサイト!【2023年】ポイ活にオススメの7選!

現在100以上あると言われているポイントサイト。ポイ活したいけど、一体どのポイントサイトがいいのか分

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
PAGE TOP ↑